ご挨拶
会社概要
業務案内
会社沿革
電子公告
概要
表面きず検査
内部きず検査
材料検査
熱交チューブ等の検査
放射線透過検査 RT
レーザーニプス
CUI-VIEW
超音波探傷検査 UT
ラックスルー
スパイラルスルー
MIRAI
ATOM
カンタンクン
材料検査
SUMP
走査型電子顕微鏡
ポータブル蛍光X線分析装置
その他の技術
日本非破壊検査株式会社
Google
WWW を検索 jndi.com を検索
会社案内 非破壊検査とは 技術紹介 技術情報 採用情報 お問い合わせ ホーム
非破壊検査とは >> 熱交チューブ等の検査

熱交チューブ等の検査

電磁誘導検査 ET

交流電流を流したコイルによって導電性のある試験体に渦電流を発生させ、その乱れを検出することで表層部の欠陥や材質の違いなどを判別します。試験体に接触させることなく、高速での検出が可能なため、石油化学プラントなどの熱交換器細管、航空機外殻の割れの検査などに利用されています。


水浸超音波検査 等

超音波を円周方向に高速回転させることで、全面の肉厚データーを採取し、減肉、周方向SCCなどを検出し展開図で表示するシステムです。
主として、詳細検査用にもちいられます。 弊社における主な手法は下記の各種です。