ご挨拶
会社概要
業務案内
会社沿革
電子公告
概要
表面きず検査
内部きず検査
材料検査
熱交チューブ等の検査
放射線透過検査 RT
レーザーニプス
CUI-VIEW
超音波探傷検査 UT
ラックスルー
スパイラルスルー
MIRAI
ATOM
カンタンクン
材料検査
SUMP
走査型電子顕微鏡
ポータブル蛍光X線分析装置
その他の技術
日本非破壊検査株式会社
Google
WWW を検索 jndi.com を検索
会社案内 非破壊検査とは 技術紹介 技術情報 採用情報 お問い合わせ ホーム
技術紹介 >> 超音波探傷検査 UT >> スパイラルスルー
技術紹介

超音波探傷検査 UT

スパイラルスルー Spiral Through

大径配管の全周架台内、防止堤コンクリート内の減肉調査

防止堤配管だけではなく、コンクリート架台部の減肉評価や超大径管のサポート部の減肉評価等に多用されています。

原 理
  • 超音波を斜め周方向に送信し一周した波を受信し、そのエコー高さの変化を利用して、減肉量(残肉)を推定する。
  • 周 or 軸方向へのスライドで全面探傷(内外面)が可能。
  • 弊社独自の探傷要領と検量線を使用しているため的確な減肉評価が可能。
特 徴
  • 超音波の斜め周方向への伝播を利用する。
  • 斜角2探触子法。
  • 検査部位の健全部を対比基準点とするため試験片不要。
  • 内面、外面両方の腐食検出可能。
  • 作業性の良い任意の軸方向のスライドのみで全面探傷可能。
  • 吊バンド、全周架台、コンクリート内等の検査困難な隠れた部位への適用効果が高い。
  • 吊り上げに伴う漏洩事故の未然防止。
検査内容
  • 検査スピード: お問い合わせください。3人/日 (配管径、移動距離等で変化)
  • 減肉評価:減肉率%、残肉評価。 別途肉厚&随時目視
  • 隠れた部位や超大径管は他のNDIでは検査不可能
  • 外面だけでなく、内面腐食も検出可能。 (注:目視では検出不能)

検査風景 (超大径管)

検査風景 (防止堤配管)