ご挨拶
会社概要
業務案内
会社沿革
電子公告
概要
表面きず検査
内部きず検査
材料検査
熱交チューブ等の検査
放射線透過検査 RT
レーザーニプス
CUI-VIEW
超音波探傷検査 UT
ラックスルー
スパイラルスルー
MIRAI
ATOM
カンタンクン
材料検査
SUMP
走査型電子顕微鏡
ポータブル蛍光X線分析装置
その他の技術
日本非破壊検査株式会社
Google
WWW を検索 jndi.com を検索
会社案内 非破壊検査とは 技術紹介 技術情報 採用情報 お問い合わせ ホーム
技術紹介 >>材料検査 >>ポータブル蛍光X線分析装置
技術紹介

材 料 検 査


(73KB)

ポータブル蛍光X線分析装置

ポータブル蛍光X線分析装置(Innov-X XT-260S)による材質判別

現地で、測定部位にX線(一次X線)を照射し、発生する蛍光X線のエネルギーによって元素分析を行う装置です。


装置外観

測定状況

特 徴

  • エネルギー分散型分析のため、測定が迅速
  • 材料を痛めず、非破壊で信頼性の高い分析が可能
  • 小型軽量、バッテリー駆動のため、現地での連続的な分析作業が可能
  • ファンダメンタルパラメータ法採用により、標準サンプルが不要
  • 分析結果がその場で確認可能
  • 測定データはポケットPCに保存

適 用

  • 現場使用部材の材質確認
  • 材料の受入れ検査
  • 溶接工事における溶接金属確認(溶接棒の誤使用管理)など

ポケットPCの分析結果表示例
定量分析結果をすぐに表示でき、さらに内部データとマッチした場合は、材料種別も判別し表示できます。

定量分析結果画面
スペクトル表示画面