ご挨拶
会社概要
業務案内
会社沿革
電子公告
概要
表面きず検査
内部きず検査
材料検査
熱交チューブ等の検査
放射線透過検査 RT
レーザーニプス
CUI-VIEW
超音波探傷検査 UT
ラックスルー
スパイラルスルー
MIRAI
ATOM
カンタンクン
材料検査
SUMP
走査型電子顕微鏡
ポータブル蛍光X線分析装置
その他の技術
日本非破壊検査株式会社
Google
WWW を検索 jndi.com を検索
会社案内 非破壊検査とは 技術紹介 技術情報 採用情報 お問い合わせ ホーム
会社案内 >> 会社沿革
会社案内

会社沿革

1956年 4月 日本で最初の非破壊検査会社として、神奈川県横浜市西区花咲町5丁目に設立。
1957年 7月 東京営業所を開設する。
1960年 3月 四日市営業所を開設する。
1964年 2月 水島営業所を開設する。
1967年 4月 本社を東京都大田区大森北4丁目4番3号に移転する。
1967年 11月 千葉営業所を開設する。
1968年 10月 資本金1,000万円に増資する。
1969年 9月 鹿島営業所を開設する。
1971年 11月 (社)非破壊検査振興協会に入会する。
1978年 5月 位相弁別式渦流探傷法を事業化。
1982年 10月 資本金4,000万円に増資する。
(社)日本溶接協会CIW-D種の認定を受ける。
1983年 10月 (社)日本溶接協会CIW-C種の認定を受ける。
1984年 5月 鹿島営業所において、科学技術庁『放射性同位元素使用許可』を取得する。
1985年 10月 (社)日本溶接協会CIWB種の認定を受ける。
1986年 11月 タンク底板肉厚測定データ処理システムを自社開発する。
1988年 5月 (社)非破壊検査振興協会協会賞を受賞する。
1988年 7月 磁性体チューブ検査システム『FRIEND』をIDCと業務提携する。
1989年 3月 名古屋営業所を開設する。
1990年 4月 (社)日本溶接協会CIWA種の認定を受ける。
1991年 3月 水島事業所の新社屋を建設する。
1992年 5月 (社)非破壊検査振興協会より、特別表彰される。
1992年 10月 東京大学原子力工学部等との共同開発により、局所位相法による全自動渦流探傷データ処理システムを開発する。
1993年 4月 (社)日本溶接協会CIW功労賞を受賞する。
1994年 2月 『カンタンクン』(熱交チューブ横割れ検査システム)を自社開発する。
1994年 4月 千葉営業所の新社屋を建設する。

『NIPS』(放射線画像処理システム)を開発・販売すると共に、新サービスとして業務を開始する。
1995年 3月 『ATOM』(熱交チューブ外面腐食検査システム)を自社開発する。
1996年 9月 配管梁接触部外面腐食検査システム「ラックスルー」を開発し業務を開始する。(平成11年新案登録)
1997年 5月 資本金7,000万円に増資する。
1997年 11月 国際プラントメンテナンスショー(東京ビッグサイト)に出展する。
1998年 10月 リアルタイムラジオグラフィ「FRASH MRTRIS」を開発、新サービスとして業務を開始。
1998年 11月 「Mirai」(熱交換チューブ内外面腐食検査システム)を自社開発する。
2001年 11月 ボイラースケール厚さ測定システムを開発
2006年 2月 一般労働者派遣事業の許可を取得
2006年 4月 会社設立50周年を迎える。
2006年 6月 鹿島営業所および放射線許可施設を知手中央に移転する。
2009年 9月 千葉営業所において、文部科学省「放射性同位元素等使用許可証」を取得する。
2011年 4月 放射線デジタル画像処理システム(FCR)を導入。
2011年 9月 フェイズドアレイ超音波探傷器(OMNI-MX2)を導入。
2013年 2月 四日市営業所がISO9001:2000の認証を受ける。
2016年 4月 会社設立60周年を迎える。